使っていないけれど、捨てられないものはありませんか?

例えば。

語学の教材。
資格の参考書。
ダイエット用品。
運動器具。
美容器具。
スキンケア用品。
趣味用キット。
掃除用品。
などなど。

購入するときは、
「自分を変えよう!」
「今度こそ、がんばる!」
などと意気込んでみたものの…

実際は、
「ほとんど手をつけていない」なんてことも。

そして今は。

そのモノを見るたびに、
「できていない自分」
「片づけられない自分」を感じて、
自分を責める材料にすらなっていたりして。。。

24026356_s

私たちは、自分の「不完全な部分」が気になりやすいものです。

「不完全な部分」とは、
ざっくり言うと、
いわゆるコンプレックスですね。

そこで、
自分なりに「何かしなきゃ」と考え、
足りない部分を補おうとします。

選ぶ手段は、
ダイエットかもしれないし、
肉体改造かもしれないし、
資格や知識の習得かもしれません。

そして、
その手段に必要なモノを購入するでしょう。

そう、
「人との差を埋めたい」
「自分の不足を補いたい」
「何かを得て±0にしたい」
といった
コンプレックスが多いほど、
モノは増えやすいわけです。

**

しかし。

心が本当に望んでいることは、
自信を持つこと、
恋愛がうまくいくこと、
仕事が楽しくなること、
将来の不安をなくすことなどで。

ダイエットでも、
肉体改造でも、
資格や知識の習得でもないのだとしたら。

モノを買ってはみたものの、
「手をつけない」
「続かない」
といったことになりやすいようです。

だって、
元々「したかった」ことではありませんから。

**

ついでに言うと。

心の面で言えば、
実はモノを買った時点で、
「何かしなきゃ」を達成し、
一時的に満足してもいるのです。

そうすると…

本当はしたいと思っていない
ダイエットも、
肉体改造も、
勉強も、
どこかですでに「用済み」で。

興味をそそるものではなくなっているようです。

いわゆる「買っただけで満足」っていう現象ですね。

**

だったら、思い切って
「処分できるはず」
と思えそうなものですが…

心の面に着目すると。

このような
コンプレックス対策で購入したモノは、
持っていることが
「何とかしようとしている」ことの証明になります。

「私には改善の意欲がある」と
自分を肯定する材料になる場合もあるでしょう。

「改善するための方法がある」
「私は改善方法を知っている」
というのも、
心のバランスをとり、
心を落ち着かせることにもなったりします。

使っていないのに、
手放せないのには、
何かしら心がモノを必要とする理由があるようです。

**

しかし、
残念ながら、多くの場合は。

「行動できていない」
「やっぱり私はダメ」
と自分を責めるきっかけになったり。

「片づけたいのに、捨てられない」
と自分を追い詰める象徴になったり。

無意識的には、
そのモノを見るたびに
自分のコンプレックスと直面させられたりします。

モノに罪はないのだけれど。

モノを見るたびに、
嫌な気持ちが刺激されやすいわけです。

**

本当に何とかしたいのは、
「自信を持つ」
「恋愛がうまくいく」
「仕事を楽しむ」
「希望を持つ」
とかなのだとしたら。

モノを手段にするのではなく、
心に働きかけてみてもいいのかもしれません。

**

ちなみに。

少し前までの教育では、
「できない所をできるようにする」
が重視されていました。

子供時代には、
可能性を広げるために
いろいろなことを習得するのも大切なことです。

しかし、大人になると。
「できる所を発揮して、
 できない所は人に頼む」
という方法がうまくいきやすいようです。

言い換えると、
コンプレックス解消よりも、
ストレングス(強み)を活かすために力を注ぐことが求められる時代になったようです。

**

コンプレックスに、
モノではなく心の面から働きかけてみたい方。

ご自身の魅力や才能、
素晴らしい所などのストレングスを見つけたい方。

心理カウンセリングをご活用くださいませ。

◆大塚統子の心理カウンセリングご予約方法


※カウンセリングは完全予約制です。

面談(Zoom)カウンセリング・電話(Zoom通話可)カウンセリングともに、カウンセリング予約センターにお電話ください。

※電話カウンセリングは、6月は満席です。
 ご予約ありがとうございます。
 
※東京面談カウンセリングは、感染対策をしながら実施しています。
※仙台面談カウンセリングは、コロナ感染拡大防止のため休止中です。
Zoom面談カウンセリングを実施しています。(2022年6月現在)

「大塚のカウンセリング希望」とお伝えいただき、ご自身のご都合と大塚のスケジュールの合う日時をご予約くださいませ。

◆ご予約は、
カウンセリング予約センター
にお電話くださいませ。
  • 電話番号:06-6190-5131
  • 受付時間:12:00〜20:30
  • 月曜(祝日の場合は翌日代休)・月末日曜定休


  • ◆関連記事