不安だったり、
辛さだったり、
自分へのダメ出しだったり、
ネガティブな想像だったり。

私たちが悩み、
しんどく感じている時に
失われているものが、ひとつあります。

それは、安心感。

人によっては、
「子供の頃から、安心感を感じたことがないかも」
とか、
「私の辞書に、安心感なんてなかった」
などという方もいらっしゃいます。

いったい、どれほど緊張しながら日々を過ごしてきたのでしょうね。

まるで戦場でひとり、戦うようにがんばってきたのかもしれません。

安心感がないと、なかなか「やすらぐ」気持ちになれなかったのではないでしょうか。



私たちは「不安を何とかしよう」と思うことはあっても。

積極的に「安心感を感じてみよう」とはしないものかもしれません。

でも、この安心感こそが、心を癒すのにとっても大切なものなのです。

544b79b98f231bf925cf79835d6d1874_s

安心したら、心から笑えるし。

安心したら、泣いてもいいと思えるし。

安心して休めたら、またがんばろうと思えるし。

安心していたら、本来の魅力や才能を発揮できるし。

安心を感じて、心を緩めることができたら。

気持ちに余裕が生まれるものです。



安心感は、癒しの土台です。

でも、傷ついた経験や、自分を守るために作った誤解があると、安心感を感じにくくなってしまったりします。

だから、もう一度、安心感とつながりなおしてみませんか。

「私は私でいい」
「私はここにいてもいい」

そう思えるだけで、心のベース基地が持てるでしょう。



例えて言うなら。

「何かあったら、いつでも帰っておいで」
「どんなあなたでも、大切に思っているよ」

そんなふうに迎え入れてくれる実家があったら。

辛い時に、ちょっと充電しに帰ったり。

凹んだ時に、元気が復活するまで休めたり。

応援されて、「がんばってみよう!」と勇気を出したり。

そんなことができるのかもしれません。

現実には、そんな実家があったら、この記事を読んでいないのかもしれませんが。。。

でもね。

安心感を感じられると、「心が帰る居場所」を持つことはできるんです。

私も、そうしてきました。

そして、安心感の土台ができると。

「私は愛されていい」
「私は人を幸せにできる」
「私は好きなことをしていい」

そんなふうにも思いやすくなるでしょう。



安心感が土台にあると。

自分の受けとめ方や振る舞いが変わっていきます。

その結果、

 居心地がよくなる
 関係性がよくなる 

といったことも、よく起こります。

心を癒す土台になるのは、安心感。

自分を癒すために、安心感に触れる時間を持ってみませんか。

心理カウンセリングを通して、安心感とのつながりを取り戻して、心を軽くしていきましょう。


◆心理カウンセリングのご予約方法


※心理カウンセリングは完全予約制です。

面談カウンセリング・電話カウンセリング・Zoom(面談・電話)カウンセリングともに、カウンセリング予約センターにお電話ください。

「大塚のカウンセリング希望」とお伝えいただき、ご自身のご都合と大塚のスケジュールの合う日時をご予約くださいませ。

◆ご予約は、
カウンセリング予約センター
にお電話くださいませ。
  • 電話番号:06-6190-5131
  • 受付時間:12:00〜20:30
  • 定休日:月曜(祝日の場合は翌平日)/毎月最終日曜
  • あなたのお話を聴かせてくださいね。